オールペイント事例

キャデラックエスカレードをラバーディップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

キャデラックエスカレード様よりボンネットのラバーディップ塗装のご依頼です。

ラバーディップって何?と思われる方も多いと思いますが、なんとゴム系の塗料で剥がすこともできる塗料なのです。触った感じはゴムそのもので、引っ張ると物凄く伸びます。

ラバーディップについてはhttp://drivers-pit.co.jp/allpaint/ こちらを参照ください。

さて、今回ご依頼のエスカレード様のボンネットの塗装の状態があまり良くないのです。

全体に塗装の劣化が進んでおり、所々ザラザラになったりひび割れの様なキズの様な線が無数に発生している状況なのです。このような場合、ディップしてもその塗装の状態のまま浮き出てしまうため、その点をご了解いただいた上で今回はディップさせて頂くことになりました。

こちらがそのキズの状態が浮き出た状態です。右側はぼけているのではなく、ザラ付いていた部分が白く光っているのです。ディップしてもこのようなキズや塗膜の劣化が見えなくなるわけではないのでその点はご理解ください。

しかし!このディップの質感は面白いです。ボンネット全体をゴムでパックするわけですね。

ちょっとしつこいですが(笑)この質感をアップでご覧ください。ちなみに見た目だけでなく触った感じもゴムそのものなのです。勿体つけていますが完成写真ですね。

どうでしょう?かなり印象が変わりましたね。このぐらい印象が変わるのなら多少の傷など気にされずに気軽に挑戦しても楽しめると思います。

ラバーディップの最大の利点は「剥がせる事です」つまり「今年は黒にしよう」「来年はブルーパールがいいかな?」「お正月の旅行は縁起を担いでゴールドに塗ろう」「彼女の好きな真っ赤にしたい!」など、ボディーカラーで気軽に遊ぶことができるのです。(注意:塗膜が劣化している場合、ディップ塗膜を剥がす時にボデーの塗膜も一緒に剥がれる可能性があります)

あくまでも剥がすことが前提の塗料なので2年程度で剥がすことをお勧めいたします。

最後にビフォーアフター写真です。

この度は数あるショップから当店をお選びいただきまして誠にありがとうございました。

【感謝・報恩・貢献】お客様とのご縁に心より感謝申し上げます。

—–東松山店でも同様のサービスが受けられます—–

愛車の板金塗装修理
オールペン(全塗装)&ラバーディップも埼玉県さいたま市のドライバーズピット


  

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る