オールペイント事例

スズキカプチーノ オールペン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

埼玉県さいたま市スズキカプチーノ様よりオールペン(全塗装)のご依頼をいただきました。希少車種となったフロントエンジンリヤドライブのオープンカーです。この当時はカプチーノのように遊べる車がたくさんありましたがバブル崩壊で生産中止に追い込まれて楽しい車がすっかりなくなってしまいましたね。

まだお若いお客様ですが大切にお乗りの様子で、今回は綺麗にオールペンをして長く大切に乗りたいというご要望でいらっしゃいました。

お車の状態ですが写真のようにまるで、ペーパーでも当てたかのように真っ白に色褪せしている状態です。外せる物は外して塗装しますが、部品の在庫がかなり少なくなっているようで手に入らない部品もあるということでしたので慎重な作業が必要になりました。

屋根は3分割で外せるようになっていますが、際のモールなども全て交換することになりました。部品が欠品になる前に、交換できるものは交換しておきたいということです。是非メーカーさんにはこのように大切に乗りたいという沢山のユーザー様のためにも、もう少し長い期間の部品供給をお願いしたいものです。

オールペン(全塗装)の実施で一番楽しめるのは、「どんな色にしようか?」と考えている時間ではないでしょうか?今回のお客様はソリッドの赤をパールレッドへの色変え塗装と一部黒塗り塗装を選択されました。

分解後、全面を研磨してキズヘコミの板金修理を行い、サフェーサという下地用塗料の塗装準備に入りました。下地塗装とはいってもブツなどの不純物が付着しないように専用の養生紙を使用して丁寧にマスキングいたします。実際の作業としてはここまでの作業が本当に大変で、ここまでの作業を丁寧に行う事が仕上がりレベルを上げるポイントになると思います。

レッドパールは色の染まりが悪いため、サフェーサの色合いも少し変えて明度を合わせて塗装いたします。下地用塗料は塗り肌が悪くなると下地作業が困難になるためなるべく平滑な肌に塗ることが必要です。当店では薄めのサフェーサを何回も塗り重ねながら必要な膜厚を確保していきます。仕上がりレベルを上げるための手間は惜しみません。

いよいよ上塗り作業になります。もうこの時点になると終わりも見えてくるので完成が待ち遠しくなり楽しくなってくるころで、作業をしている自分でも完成した姿を早く見たくなってくるのです。上塗り作業は今までの作業の頂点に立つ作業になりますので、これまでの頑張りを無駄にしないためにもより集中してマスキング作業を行いました。

レッドパールは染まりが悪いため何度も何度も塗装を繰り返すため、作業環境を整えておくことが重要になります。塗装ブース自体が汚れていると全く意味がありません。日頃から塗装ブース内を徹底的に綺麗に掃除しているからこそ、これだけの面積を塗装しても殆どブツが付くことも無く綺麗に塗装ができるのです。写真の通りドアやボンネット、トランクなど外せる部品は全て外して塗装し、ボデーはレッドパールで塗装して屋根とトランク、ボンネットは黒塗装しました。

塗装後は磨き作業になります。コーティングで養った様々なノウハウをこの磨き作業に注ぎ込んで抜群の艶感を実現いたします。エンブレムなども新しいものに取り替えてヘッドライトも黄ばみを取り除いています。参考価格で60万円を超える作業となりましたがここまで綺麗に蘇ると楽しくドライブもできそうですね。お客様にも大変喜んで頂けました。

最後にビフォーアフター写真です。とても同じお車には見えません。

この度は大変楽しいお仕事を頂きまして誠にありがとうございました。

【感謝・報恩・貢献】お客様とのご縁に心より感謝申し上げます。

—–東松山店でも同様のサービスが受けられます—–

愛車の板金塗装修理
オールペン(全塗装)は埼玉県さいたま市のドライバーズピット


  

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る