板金塗装修理事例

トヨタSAI 板金塗装修理

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

埼玉県さいたま市のトヨタSAI様より板金塗装修理のご依頼です。


左後部を強くぶつけてしまった損傷ですね。通常はクオーターパネルの交換になる損傷です。但し、まだ新しいお車でしかもこのパネルはボルトで留まっている部品ではなく溶接で固定されている部品であるため、交換するとなると溶接を剥がしてパネルを途中でカットして溶接しなおす必要があります。車への負担が大きいため何とか修理できないものか?というご依頼でした。

内側から一部手が入るため、内側と外側の両面で作業をしていきます。一部小さいながらも亀裂が発生しているため、その亀裂を大きくしないように慎重に粗出しいたしました。バンパーは塗装済みの新品バンパーと交換なので、バンパーブラケットを仮留めしてバンパーが違和感無く付くことが出来るか?確認しながらの作業となりました。

ならし 鈑金完成です。一部白い部分は引き出せずに潰れてしまった部分をハンダで埋めたところです。この後パテ処理を行いますがご覧のようにパネルの修正でほぼ形状を復元しているため薄いパテ処理で済みます。

下地を完成させてボデーに合わせて調色をいたします。こちらの色はパールホワイトなので調色も塗装自体も難しい色になります。塗装完了後、ブース内で高温焼付けし磨き作業を行い塗装済みの新品バンパーを取付して完成です。

この様な溶接パネルは交換するとどうしても交換暦として分かってしまうものですが、丁寧に板金修理することで車への負担もお財布への負担も少なく直すことが可能です。もちろん全ての損傷を板金修理できるわけではありませんが、当店では交換修理より板金修理することをお勧めしていますのでディーラーなどで「交換」とお見積りされてお困りの方はご相談ください。

今回のケースも部品を交換するよりお安く修理できました。車とお財布に優しい修理にご用命ください。

愛車の板金塗装修理
丁寧な板金修理、ならし板金をお望みなら埼玉県さいたま市のドライバーズピット


  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る