板金塗装修理事例

ホンダオデッセイ 板金塗装修理

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

埼玉県さいたま市ホンダオデッセイ様のキズヘコミの板金塗装修理事例の紹介です。
リヤドアからリヤフェンダーへ凹みのある損傷です。
車輌保険に入られていないお客様で、自費修理でのご依頼となりました。なるべくパテを使用しないで修理をご希望と云うことで複数の修理工場で説明を受けてこられたようで、最終的には当店の過去の修理事例をサイトでご覧になり当店へご用命いただきました。

当社ではパネルに優しいハンダを活用して引き出し板金を行います。ハンダは低温で接着できるためボデー鋼板を痛める事無く引き出すことが可能です。

ハンダで修正し、スタッドという工具を使って更に丁寧に引き出し板金を行い、「ならし板金」でここまで平滑な状態に復元いたします。この後パテ処理を行いますが薄いパテ処理で済むことがお分かりになるだろうと思います。
自費修理と云うことで、当然ながら少しでも金額的負担を少なくしたいと云うご希望がありましたが、仕上がり品質も落としたくはないと云うことでしたので、どうしても外して塗装する必要のあるものだけを外して写真の様な状態で塗装しています。
又、割増料金となりましたがルーフサイドピラーはぼかし塗装する事無くフロントピラーまでクリヤー塗装を行っています。この方法により、時間が経過してもぼかし目が見えてしまう車の価値を下げるような状態にはなりません。
当店では通常よりお車の価値を下げない修理をご提案させて頂いています。

サフェーサという下地塗料の塗装から、専用ブース内で塗装して完成です。この後高温で焼付け乾燥を行い最後に磨き仕上げを行います。

綺麗に仕上がりとても喜んで頂けました。

この度は数あるショップから当店をお選びいただきまして誠にありがとうございました。

丁寧に「板金修理」することで、部品交換するよりお安く直せるドライバーズピット

【感謝・報恩・貢献】お客様とのご縁に心より感謝申し上げます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る