Sheet Metal Paint板金塗装修理事例

ホンダN-BOX リヤゲート塗装

2018.04.29 by haishima

埼玉県さいたま市のホンダN-BOX様よりリヤゲートの交換のご依頼です。

新品部品で交換となりました。お客様の中には塗装された状態で部品が入荷すると思っている方もいらっしゃいますが、ほとんどの部品が写真のように色が塗装されていない状態で入荷します。これをボデーに合わせて作った塗料で塗装していくことになります。部品代と交換工賃に加え塗装工賃と材料代も別途必要になるために新品部品の交換は非常に高価な作業になるのです。
新品部品に直接上塗り塗装をしている工場さんもありますが、当店では耐候性を高めるため 又密着性を高めるためにもサフェーサという下地用の塗料を塗装します。この一手間が労力もコストも必要になるのですが半年もお乗りいただけると塗膜に差が出てきますのでとても重要な作業だと思っています。

サフェーサーを塗装~焼付け乾燥~研磨~再度塗装準~上塗り塗装となります。左の写真はカラーベースを塗装した状態です。クリヤー塗装前なのでマット調に仕上がっていますね。そして艶を出すためにクリヤー塗装を行い完成です。
こちらのお車はカラーコードB-593M ブリリアントスポーティブルーメタリックカラーのツーコートパール塗装でした。メタリックカラーとなっていますが赤味のあるブルー系のパールと透過性の高い2種類のブルー原色が中心でしたので、とにかく染まりが悪くて大変でした(;^_^A 
しかし透過性の高い分 透明感が素晴らしくスポーティと名前につくようにインパクトのあるとても綺麗な青味が輝きN-BOXにピッタリのお色でしたね。

この度は数あるショップから当店をお選びいただきまして誠にありがとうございました。
【感謝・報恩・貢献】お客様とのご縁に心より感謝申し上げます。

ホンダ車とN-BOXの板金塗装 キズヘコミの修理は埼玉県さいたま市西区のドライバーズピットへご用命ください。


最後までご覧いただきありがとうございます!
もしよろしければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有してください。

このページの先頭へ