All Paintオールペン事例

  1. 板金塗装 さいたま
  2. ロードスターオールペイント

ロードスターオールペイント

2021.02.09 by haishima

埼玉県のロードスター様よりオールペンのご依頼でした。

パッと見だと綺麗に見えるお車でしたが、よく見ると色々とトラブルを抱えているお車です。これは中古車で購入時に、販売前の仕上げ塗装をされているようで、その仕上がりが残念ながら良いものではないため様々なトラブルが生じている状態でした。

モールなどの部品を外さずにマスキングで塗装しているのですが、際のマスキングが雑でモールに塗料が掛かっています。そして際の足つけ作業も甘いためか、モール際から塗料が剥がれ始めているのです。塗装の表面にクラックが入って塗膜が浮き上がっている部分もあります。

そして良くご覧いただきますとパテやサフェーサーを研磨した時のペーパー目がハッキリと浮き上がっているのが分かりますね。これは下地作業のペーパー目をしっかり消さなかったことによるトラブルです。一般的には中古車の仕上げは原価を上げたくないために安く抑える傾向にありますので、このような仕上がりになる場合が多いですね。

今回は永く気持ちよくお乗りいただけるように、モールなどの部品は取り外して新品部品と交換し可能な限り部品を取り外して綺麗に塗装いたします。

年式の関係で部品を取り外す際に部品を壊してしまわないように注意しながら部品を取り外していきます。まだかろうじて部品が手に入りましたのでモールやエンブレムなどは全て新品部品と交換する事に致しました。年式が古くなってくると新品部品が在庫切れや製造中止などで手に入らないケースが増えてきますので、オールペンを検討される場合は部品が手に入るうちに実施しないと満足できるオールペンは諦めざる負えない状況になりますのでご注意ください。

そして必要な板金処理を行って下地用塗料サフェーサーを全面に塗装いたしました。ドアのひざ下ぐらいのところでマスキングを行っていますが、これは奇跡的にこの下にあるアンダーコート部分には損傷が殆どありませんでしたので、折角の凸凹肌を生かしたいと思いサフェーサーは塗装していません、サフを塗装して研磨してしまうとツルツル肌になってしまうため避けました。

薄く均一に塗装して高温で焼き付け乾燥を行っています。

分解した細かい部品も丁寧にサフェーサー塗装を行います。このサフ塗装は綺麗に平滑に塗装しておかないと、この後の下地処理が大変な作業になってしまいます。綺麗に塗装完了です。

サフェーサの塗装後に細かいペーパーで丁寧に下地作業を行いいよいよ上塗りの準備となります。当店ではサフの塗装前とこの下地研磨の後の2回スチーム洗車を行いパテ粉などの塗装時のブツになる可能性のあるものを徹底して除去してから塗装作業を行っています。もちろん塗装ブースもご覧の様に綺麗に清掃してから塗装を行います。

大変緊張する塗装作業で、塗る範囲が大きいため緊張している時間も長く、集中力を切らさないように自分との戦いのような難しい作業となります。ザラザラに塗装して磨きで調整するような塗装であればそれほど緊張せずに塗装する事もできるでしょうが、塗り肌を大切にしてなるべくブツなども付着させずに綺麗に塗装したいのでその緊張感は凄いものがあります。ただ綺麗に塗装できた時の達成感も大きなものがあり今回も満足のいく綺麗な塗装ができました。

この後も高温で焼き付け乾燥を行い、磨き作業で仕上げて外した部品を取り付けていきます。そしていよいよ完成です。

 

こちらで完成です。もう一台同じ車が買えるような金額になってしまいましたが、大変喜んでいただけました。これで永く気持ちよくお乗りいただけると思います。

この度は数あるショップから当店をお選びいただきまして誠にありがとうございました。

感謝・報恩・貢献 お客様とのご縁に心より感謝申し上げます。

ロードスターの丁寧なオールペンは埼玉県さいたま市のドライバーズピットへ


最後までご覧いただきありがとうございます!
もしよろしければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有してください。

このページの先頭へ