Staff Blogスタッフブログ

雨中の運転 その車で大丈夫ですか?

2018.06.09 by kurosu

衣替えが終わりましたが、天気は雨(>_<)せっかくクールビズでスッキリしたのに気持ちはスッキリしませんね。明日から台風の影響もありそうなので充分に気をつけないといけませんね。

さてジメジメ ムシムシの梅雨入りとなりましたが、雨の中での運転は危険も多くあります。
雨が本格的に強くなる前にご自分の車をチェックしてください。

①タイヤの溝は適切ですか? 雨中での走行ではとても滑りやすくなります。雨によって路面の汚れなどが浮き上がってくる現象や道路とタイヤの間に水の層ができてしまうハイドロプレーニング現象などが起こりやすく、水の上を滑っているような危険な走行になることがあります。これを予防するためにはスピードの出し過ぎに注意することと適切な溝と柔らかさを保っているタイヤを使用していることが重要です。溝があっても古くてヒビが割れているようなタイヤではとても危険です。

②フロントガラスは綺麗ですか?良く撥水させるための材料などが市販されていますね。確かにガラスが撥水していると気持ち良くなります。ただ、撥水させれば視界が良くなるのか?と考えるとそうではありません。夜間の雨中での走行時にギラギラして見難い経験もあると思いますが、撥水させる前にガラスそのものを綺麗にしないと意味がありません。ガラスは排気ガスなどの影響で油汚れが付着していますのでこれらの汚れを完全に除去してから撥水加工することが重要なのです。市販されている液剤などで簡易的に撥水処理をすると、汚れの上に更に膜を作ることで余計にギラついてしまい危険な状態になることもあります。

③エアコンは正常に効きますか?今週もエアコントラブルのお車が入庫していますが、雨中での運転にはエアコン作動は欠かせません。エアコンは除湿効果があるために窓ガラスの曇りを取り除いてくれるからです。エアコンガスが漏れていたり、ガスを高温高圧に圧縮するコンプレッサーにトラブルなどがあると正常に作動しなくなり除湿しなくなるため大変危険なことになります。
(以降は来週に続く)

タイヤ、フロントガラス、エアコンに関することは全てドライバーズピットで取扱しています。ジメジメした梅雨時に少しでも快適に安全に運転するために当店にご相談ください。

本日、極上の中古車を1台追加しています。1万キロに満たない走行距離で大変綺麗なトヨタラクティスを展示いたしました。来週は更に1台増える予定です。台風の影響が心配ではありますが是非見に来てください。

中古車の在庫情報は⇒ それでは!来週もよろしくお願いいたします。


最後までご覧いただきありがとうございます!
もしよろしければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有してください。

このページの先頭へ