All Paintオールペン事例

トヨタチェイサー オールペン

2017.05.06 by haishima

埼玉県トヨタチェイサー様より色変えオールペイント(全塗装)のご依頼です。純正のダーク系グリーンからスーパーホワイト(純正色)への色変えでした。

ご覧の様に全体に塗膜が劣化しており、剥がれ 浮き 色褪せが発生している状態でした。

キズとヘコミが殆ど無いということは、とても丁寧にお乗りいただいているのだと思います。当店としてもお客様に喜んで頂くために気合を入れて作業にあたりました。

まず、作業順序としましては外せる部品を外します。この作業はお客様のご予算と関係しているため全てのオールペイントが同じ作業とはなりませんが 塗装する際に邪魔になってしまう部品を取外して塗装した場合と、マスキングと云って塗料がかからないように養生して塗装した場合の仕上がりでは大きな差が生じてしまいます。

やはりマスキングでは段差が存在してしまうため後々剥がれる可能性が高く、汚れもたまりやすいため可能ならば取外して塗装することをお勧めしています。

必要な部品の取外し作業と分解作業が終わったら塗膜表面を研磨していきます。今回はキズやヘコミが少ないためとても助かります。とはいっても飛び石の様な小さなキズは無数にありますので見落とさないように注意しながら丁寧に研磨します。そしてサフェーサという下地塗料の塗装になります。旧塗膜を抑える役割や小さなキズやひずみを埋める効果 更に上塗り塗料の密着を高め、紫外線に強く光沢を長期間保つ働きもありますので欠かせない作業なのです。

ただ、このように一度しっかりとマスキングをする必要があるのでとても手間がかかります。そしてサフェーサ塗装です。

サフェーサ塗装はざらざら肌にならないように、平滑な肌を再現いたします。当店ではお化粧やパテと同様に厚塗りすると後々トラブルが生じやすいと考えるため、薄く塗り強度を高めるためにしっかりと焼付け乾燥をして完全に硬化させます。この硬化後に再度表面を丁寧に研磨していきます。この研磨が甘いと、上塗りの塗装肌に悪い影響を生じますので細かく丁寧に下地塗膜を仕上げています。

そしていよいよ上塗りとなります。塗装範囲が大きいためとても緊張する作業となります。色を染めるだけならば素人さんでもできる作業ではありますが、ムラ無く均等に色を染めていき 塗膜の肌をより平滑な状態に仕上げ、新車と遜色ないように仕上げるというのはとても難しい作業なのです。個人的には白色は光を反射してしまい肌が見づらいためとても難しいです。

今回は色を変える塗装のため、ドアやボンネット、トランクパネルも外して内側も塗装しています。ドアやトランクを開けたら別の色・・・では車の価値を大きく下げてしまいますからね。外せるものは全て分解して綺麗に塗装しました。今回はソリッドの白と言ってキラキラ素材の入っていないスーパーホワイトで塗装していますが、トップコートとしてクリヤーを上に塗って艶を増しています。ホワイトだけでも充分に艶は出せますがクリヤーを塗装するツーコート仕上げにすると仕上がりの高級感がグッと増します。料金は手間代と材料代などが高くなりますが仕上がり重視でこの方法をお勧めしています。

そして外した部品で再使用できない部品は全て交換し、バンパーやドアを取り付けて完成です。磨き作業からコーティングまで施工して仕上がりとなります。

参考価格として100万円程度の作業となりましたがとてもお客様には喜んで頂けました。

最後にビフォーアフター写真です。だいぶイメージが変わりましたね。

手放したくない大切なお車は同志のようであり恋人のようであり家族の様な存在でもありますね。そんな大切な車でしたら是非新車のように綺麗にメンテナンスしてお乗りいただければ、又新鮮な気持ちで永くお付き合いができるのではないかと思います。

当店では、ラバーディップやホイールの塗装などの外見のメンテナンスだけでなく、屋根内張りの貼替や室内清掃からオゾン脱臭、ひかり触媒による消臭など室内環境のメンテナンスにも力を入れています。ご予算に応じて作業内容をご相談させて頂きますのでお気軽にご連絡をお願いいたします。

-----東松山店でも同様のサービスが受けられます-----

愛車の板金塗装修理
オールペン(全塗装)は埼玉県さいたま市のドライバーズピット

は必須項目です。必ずご入力ください


  

写真添付(お車の写真などあれば添付ください)



添付可能なファイル形式:gif,jpg,png,pdfファイルで10MB以内

 

 


最後までご覧いただきありがとうございます!
もしよろしければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有してください。

このページの先頭へ